スピルリナとはなにか

スピルリナとは、主に熱帯地方の池や湖に生育する藻の一種です。


ちょうど巻いたバネのようならせん形をしています。


らせん形のことを英語でスパイラルといいますが、スピルリナとはこのスパイラルと同じ語源です。
この藻は、ただの藻ではありません。
一つのスーパーフードとして注目されています。

これは、今になって突然言われ出したことではありません。

アフリカでは、経験的にこの藻が体によいことが知られていて、実際、乾燥させたものが市場で売られていたりするのです。ちょうど、日本人が海藻の一種であるコンブやワカメ、海苔などを食べるのと似ているかもしれません。
ともあれ、このように乾燥させた藻が市場で売られていることを知った科学者が、半信半疑ながら成分を分析してみた結果、驚くべきことが分かりました。

4yuuu!の情報サイトが便利です。

それは、スルピリナには私たち人間にとって必要な栄養素を非常に多く含んでいることが分かったのです。


私たちの必要な栄養素とは、つまり糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルです。

とくに、糖質や脂質と比較してタンパク質の含有量が多く、理想的な比率になっています。また、これら以外の機能成分も多く含まれています。

今よりもスピルリナの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

例えば、緑黄色野菜に多く含まれるβカロテンです。


抗酸化作用が高くアンチエイジングの点でも注目されている成分ですが、実はスピルリナには緑黄色野菜の10倍以上もβカロテンが含まれている、といった具合です。



私たちがスピルリナを摂取するときは、さすがに藻そのものの乾燥物ではなく、サプリメントの形に加工したものが一般的です。